記事リスト

社内で簡単情報共有

PC

重たいファイルも共有可能

企業活動を行う上で、様々なデータを管理し、かつ膨大なデータを保有する事も多く、かつ顧客情報等は厳重に管理された場所で管理する必要があります。そして社内でファイルを共有する事で、誰でも簡単に同じファイルを使い、いつでも更新が出来る時代となりました。自社でファイルを管理することも可能ですが、そのためには膨大な容量を収納するためのデータベースが必要となり、かつ厳重なセキュリティも必要となるでしょう。そこで近年多くの企業で導入されているのが、クラウドを活用したファイル共有方法であり、いつでもアクセスが出来るメリットがあり、かつ自社でデータベースを管理する必要が無くなります。クラウドのファイル共有とは、ネット上にファイルを管理し収納できるため、外出中でもネットに繋がる環境であれば簡単に共有ファイルへ接続が可能です。近年は在宅勤務を導入する企業も増え、クラウドによるファイル共有の導入で自宅からでも社内のファイルへアクセスが可能となります。クラウドのファイル共有を専門に扱う業者も数多く登場しており、外部の業者によるセキュリティの高さにも注目してみましょう。価格面だけではなく、セキュリティ、そして保存が可能なデータ容量にも注目して業者選定を行う必要があります。全社的に導入を検討する場合には、全社でどの程度の容量が必要となるか事前に算出しておき、その容量に合わせた見積りを依頼する事で業者選定がよりしやすくなるでしょう。

Copyright© 2017 社内でスケジュールソフトを利用しよう|システム選びのコツとは All Rights Reserved.