社内で簡単情報共有

PC

クラウドというキーワードが主流となり、ファイル共有をネット上で行える時代となりました。社内でデーターベースを保有する必要がなくなり、自宅からでもファイルへ接続が可能な時代となりましたので、社員の働き方を変える事にも繋がる事でしょう。

詳しく見る

記事リスト

社員の予定をわかりやすく

カレンダー

スケジュールが相互に把握できなくなってきたと感じたらスケジュールソフトの導入タイミングかもしれません。ソフトを利用すると相互に予定が確認できるのでトラブルを最小限にすることができます。ソフトにはそれぞれ特徴があるので自社に合ったものを選ぶとよいでしょう。

詳しく見る

企業間の共同作業の効率化

クラウド

企業間で合同で何かの事業を行うときに、電子データの共有が重要になってきておりますが、このためにファイル共有サービスが注目を浴びています。ファイル共有サービスはクラウド上に展開されていることが多く、アクセス権の付与により、安心して企業間で利用できるのです。

詳しく見る

社員の予定管理を変える

カレンダー

スケジュール管理ソフトは、社員それぞれのスケジュールをリアルタイムで共有できるツールです。社員や社内設備のスケジュールを一覧化できる上、文書や写真の共有もでき、活動記録や現場の状況報告にも使えます。

詳しく見る

社内外でファイルを共有

ファイル

以前は社内のファイル共有にファイルサーバーが多く使われていましたが、現在では携帯端末への対応も不可欠です。ファイルをクラウドに置く法人向けファイル共有サービスは、利便性とセキュリティが両立されています。グループ単位でのアクセス制限やゲスト招待など、社内外のファイル共有に役立つ機能も盛りだくさんです。

詳しく見る

選定におけるポイント

オフィス

重視すること

社内でスケジュールを共有する際、専用のスケジュールソフトを導入し共有していることが一般的になっている。以前は、行き先表などを利用し、そこに手書きでスケジュールを書くことで、社員の居場所やスケジュールを把握するケースも多かった。しかし、スケジュールソフトを導入することで、WEB上などからもスケジュールを確認することができ、出先などからもスケジュール把握することが可能になる。これらのソフトを導入する際には、選定時のポイントがある。選定時のポイントとしてあるのが、登録のしやすさである。スケジュール登録の際、登録に手間がかかったり、入力し辛いソフトだと利用が広がらず、結果有効活用されなくなる。その為、入力しやすいインターフェースを持ったソフトを導入することが必要になる。また、共有機能の充実度もポイントになる。ソフトによっては、ユーザーをグループ化し、そのグループのみが共有化できるなど共有設定が細かいものもある。それにより、必要なグループ間内のみで共有することができ、利便性が高まるということがある。また、通知機能の充実度も必要である。スケジュールソフトでは期日が近づくとアラーム通知したりするものがある。それにより、期日の到来を知らせることが可能になり、予定を忘れることを防止できる。その他、ランニングコストも選定基準としてある。これらのソフトは導入し、定着すると使い続けることになる。その為、長期で見たコスト比較が必要になる。

Copyright© 2017 社内でスケジュールソフトを利用しよう|システム選びのコツとは All Rights Reserved.